ホワイトデー

ホワイトデーの起源の国は?名前の由来と海外の反応について

投稿日:

今や日本では2月14日のバレンタインデーと3月14日のホワイトデーはセットで考えられているイベント行事です。そんなホワイトデーですが一体いつからどんな流れで始まったのか、何故ホワイトデーと呼ばれるのかも気になりますね。また、ホワイトデーは海外ではどのように行われているのか合わせて見てみましょう。

今回の記事では、

・ホワイトデーの起源の国
・ホワイトデーの名前の由来
・ホワイトデーの海外の反応

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

ホワイトデーの起源の国

一度耳にしたことがあるかもしれませんが、ホワイトデーは日本が発祥の地です。バレンタインデー自体は海外から取り入れたイベントですが、バレンタインにチョコをプレゼントするという今の形を作り上げたのも日本です。そしてバレンタインもホワイトデーもチョコなどのお菓子のやり取りするようになったのは、日本の製菓会社がお菓子の販売促進のために宣伝し出したのが始まりです。

ホワイトデーの始まりには諸説あり、それぞれの製菓会社が「起源はうちの会社だ」と言わんばかりに豪語しています。一説では全国飴菓子工業協同組合が1978年(昭和53年)に「キャンディを贈る日」としてホワイトデーを制定しました。正式にホワイトデーとして始まったのは1980年3月14日からです。

3月14日がホワイトデーとして定められたのには2つ理由があります。
1つは古事記や日本書紀では日本で初めて飴が製造された日が3月14日であることです。

2つ目はバレンタインデーの起源に関係があります。
ローマ時代のローマ帝国では士気が下がるため「兵士の結婚」を禁止されていました。しかし、ウァレンティヌスというキリスト教の司祭は兵士をかくまい、皇帝に内密で結婚式を挙げさせていました。その行為が皇帝に知られてウァレンティヌスは処刑されることになり、その処刑された日が2月14日です。

ウァレンティヌスの名前を取ってこの日を「バレンタインデー」として、愛を誓い合う日となりました。そして、ウァレンティヌスが結婚式を挙げさせた男女2人が再び永遠の愛を誓い合ったのが3月14日だと言われているのが2つ目の起源だと言われています。

ただ、バレンタインデーの起源すら少し曖昧な部分もあるので、ホワイトデーが3月14日になった2つ目の理由はもしかすると後付けの可能性もありますね。

スポンサーリンク

ホワイトデーの名前の由来

何故ホワイトデーという名前になったのかというと、飴の材料である砂糖が白色だったので「白=ホワイト」でホワイトデーとして命名されたと言われています。「ホワイトは純潔のシンボル」といった意味からも来ているようです。何だか思った以上に単純な理由だったんですね(笑)また、ホワイトデーという名前以外にも「キャンディデー」や「マシュマロデー」とも呼ばれていました。

因みに当時はバレンタインデーやホワイトデーでは本命同士のやり取りだけで、現在のように義理としてお菓子をプレゼントすることは無かったようです。愛する者同士のイベントから誰でも参加できるイベントへと変わっていきましたが、これをどう捉えるかは人それぞれでしょうね。

ホワイトデーの海外の反応

世界的に見るとやはりホワイトデーは日本特有のイベント行事です。しかし、この日本の文化であるホワイトデーを積極的に取り入れている国もあり、その代表が韓国や中国などの一部の東南アジア諸国です。

韓国のホワイトデーは日本にかなり近い形で行われていて、男性が女性にチョコレートなどのお菓子や化粧品などをあげます。また、韓国ではバレンタインデーとホワイトデーだけでなく毎月14日を恋人の記念日としています。

一方、中国ではバレンタインデーもホワイトデーも男性から女性にプレゼントする形で行われています。あげる物はチョコレートやキャンディなど日本と同じようです。

因みに世界的にバレンタインデーはありますが、海外ではこのように男性から女性にあげるのがバレンタインデーの本来の形なんです。男性の出費も大変そうですね(笑)

まとめ

ホワイトデーの起源は日本であり、ホワイトと言う名前は砂糖の白色から「純潔」をイメージしたネーミングだったんですね。また、海外でも一部ではホワイトデーを行っていることが分かりました。それぞれの国で特色があり、様々な形でイベントを楽しんでいるようです。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-ホワイトデー

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。