ホワイトデー

ホワイトデーお返しのお菓子の意味と手作り 菓子以外は何選ぶ?

投稿日:

バレンタインデーやホワイトデーではお菓子のやり取りが一般的ですが、お菓子の種類によって意味合いが違う事をご存知でしょうか?この意味合いは気にする人、気にしない人様々で僕自身はあまり気にしていませんでした。ただこう言った細かい部分に対して特に女性は敏感です。

何となくあげたお菓子で相手に誤解を招かないように、お菓子の種類に込められた意味を知っておくと役立つかもしれませんね。また、手作りのお菓子を男性が女性にあげるのは変なのか、またお菓子以外なら何を選ぶべきか、そんな悩みもここで解決しましょう。

今回の記事では、

・ホワイトデーでお返しのお菓子の意味
・ホワイトデーでお返しのお菓子を手作りするのはあり?
・ホワイトデーのお返しでお菓子以外を選ぶなら何?

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

ホワイトデーでお返しのお菓子の意味

チョコレート

バレンタインにはチョコを貰うことが多いですが、ホワイトデーのお返しでチョコを選ぶのもいいですね。ではチョコレートに込められた意味は何かというと、意外にも「特別な意味は無い」と言われています。

少し意外だったでしょうか?そもそも「バレンタイン=チョコ」という考えの生みの親は、モロゾフという製菓会社が始めた宣伝が切っ掛けです。それでも「愛する人にチョコレートを」というキャッチコピーがあるように、チョコには「好き」という意味合いも少なからず込められていると言えるのではないでしょうか。

クッキー

クッキーには「友達でいよう」という意味があります。クッキーはあっさりとしていて甘すぎず、サクサクしているのでそういった部分からの意味合いだと言われています。ホワイトデーのお返しでクッキーを選択する男性も多く、バレンタインでもクッキーを選ぶ女性は比較的多いですよね。本命にはチョコレート、義理にはクッキーと使い分けている女性もいます。

ただ、そんな意味を気にしない女性もいるので、本命相手や彼氏、夫に対してクッキーを選ぶこともあるので一概にクッキー=義理とはなりません。

キャンディ

キャンディには「あなたが好きです」という意味があります。キャンディはクッキーと同様にホワイトデーでのお返しの定番アイテムです。バレンタインデーで女性がチョコを、ホワイトデーで男性がキャンディをあげると両想いになれると昔から言われています。

もしも男性であるあなたがお返しをする女性に思いを寄せているのならば、ホワイトデーに告白の意味も兼ねてキャンディを選ぶのもいいでしょう。その場合はしっかりと「あなたが好きです」ということを伝えましょう。やんわりだと相手に気付かれないかもしれません。

マカロン

マカロンには「あなたは特別な人です」という意味があります。マカロンは高級感のある物でもあり、比較的最近になって人気になったお菓子ですね。ですからこの意味合いも後付けであり、この「特別」というのも曖昧な表現でもあると言えます。

友達以上恋人未満のような親友関係の異性に対してならマカロンを選んでもいいでしょう。ただ、特別という曖昧な意味が込めれれているお菓子なので、相手から「何でマカロン?」と言われる場合もあるかもしれません。

キャラメル

キャラメルには「安心する存在です」という意味があります。口の中で溶けるような感覚がありながら、確かにそこに存在するお菓子がキャラメルです。マカロン同様にこれは本命か義理かで言うと非常に微妙なラインで、受け取り側によって捉え方が変わる可能性があります。

相手に渡す際に本命、もしくは義理であることを伝えるのもありではないでしょうか。

マシュマロ

マシュマロは「あなたが嫌いです」という意味があります。皮肉を込めて嫌いな相手にわざとマシュマロをあげる人もいるそうです・・・これを知った時は僕も衝撃を受けました(笑)

しかし、マシュマロはただ単に嫌いという意味だけではありません。実はバレンタインデーに貰ったチョコに対してホワイトデーでマシュマロをあげることで、「純白の愛で包む」という意味があると言われています。また、あげるマシュマロの中にチョコが入っていると同等の意味合いになるそうです。

マシュマロのチョイスは奥が深いというか、考え出すと色々と面倒くさそうですね・・・(笑)相手に勘違いされる要素がたくさんあるので、意味合いを気にする人はマシュマロは避けた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

ホワイトデーでお返しのお菓子を手作りするのはあり?

ホワイトデーでお返しのお菓子を手作りするはありです。特に男性で普段料理やお菓子作りをしない人にとっては相手に気持ちが伝わりやすいですし、何より女性の手作りの苦労を知ることができます。

ただ男性も女性も義理の相手から貰う手作りのお菓子には、抵抗を感じる人もいる点には注意が必要です。その理由は、他人の手作りは生理的に食べたくない、義理の人から手作りの物を貰うのはちょっと気味悪い・・・という意見があるからです(泣)それでもあげる相手が本命であったり、既に恋人や夫婦の関係であるのであれば、手作りのお菓子は高確率で喜んで貰えるでしょう。

因みに僕自身も昔彼女のために一度だけホワイトデーにマーブルクッキーとシュークリームを焼いたことがあります。材料費や時間、材料を混ぜる力も意外と使うのでかなり大変だったのを今でも覚えています。その分予想以上に喜んで貰えて自分自身も作って良かったと思えましたので、あなたの状況に合わせて手作りを選んでみるのもいいのではないでしょうか?

ホワイトデーのお返しでお菓子以外を選ぶなら何?

お菓子以外の物をあげるのであれば基本的に使って無くなるような消耗品がいいでしょう。例として挙げるとハンドクリームや石鹸などの美容系のアイテムや紅茶のギフトなんかもオススメです。逆にリップクリームやグロス、お風呂のグッズなどは場合によっては女性から「セクハラ!」と捉われる可能性もあるので注意して下さい。

特に義理としてのお返しの場合、物として残る物を贈ると「重い」「気味悪い」と思われがちです。キーホルダーや安物のアクセサリーなどは特にタブーです。こう思われるのは不本意ですし辛いですが、世の女性はこういった考えの人は割といます。逆に好きな男性から貰える物なら何でもいいという女性もいます。女心って難しいですよね・・・(笑)

物として残る物をプレゼントするのは、相手の誕生日やクリスマスなどのイベントのみにした方が無難だと言えるでしょう。

まとめ

お菓子に込められたそれぞれの意味は何となく理解できたでしょうか。必ずしもこれらの意味が絶対!ということはありませんが、一通り覚えておくといいでしょう。手作りに関しては義理の相手以外なら一度は作ってみるのもいいですね。この経験もきっと無駄にはなりませんよ。お菓子以外を選ぶなら食べ物や消耗品を選ぶのが無難です。

何をあげるにしても相手には喜んで貰えるようにホワイトデーに備えましょう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-ホワイトデー

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。